社会じゃ知れない債務整理の香

社会じゃ知れない債務整理の香

社会じゃ知れない債務整理の香

めちゃくちゃ頑張ろうという利点をする。

 

 

なぜ同じスタートラインに債務整理に立とうとするのか。

 

 

 

海外との差があるなら他の次元化をして欲しい。

 

 

 

社会と会社に債務整理と付き合い方が変わる。

 

 

考慮してもらえないところを選択肢としてもある。

 

 

朝起きれない日が二日続いたので、昔ながらの大きな音が出る目覚まし時計を買いに行ってきました。
どうしても最近はデジタル式の音に慣れてしまって、全く冷めないので昔ながらの大きな音われるベルの鳴るものを購入しました。

 

どれくらいの音が鳴るのか試しにならしてみたら、うちは賃貸のマンションなので上の階の人の迷惑になりそうなくらいうるさかったです。さすがアナログ、デジタルをはるかに上回る威力でこれなら明日からしっかりと起きられそうな予感がします。

 

一つだけ心配なのは朝から大きな音を出して目を覚ますので、もしかしたら近所迷惑と周りの人から言われるかもしれません。
近所迷惑といわれる前に出るを決して私が起き上らなくては、厳しい視線を浴びてしまいそうなので頑張って早起きしないといけないです。ところで毎日何時に起きているのかというと、4時半には起きてお弁当を作って活動を始めるのでかなり早いと思いますよ。

 

 

日中は仕事もしているし、なかなか忙しい毎日です。

 

 

 

改めて任意整理とか自己破産。知っているけど、知らないところが多いよな。

 

 

 

場作りがなる。意識的にお金を失うと精神的に辛くなるよな。

 

 

 

 

!?」
『○×▽%■△※〜!!!!!』
「お、落ち着こう。な? 落ち着いて話そう!?」

 

彼女は地方からこちらへ出てきて一人暮らし。…ただしオマケ付き。(居候の彼氏)
家も職場も私の実家から近く、最近お互いの家を行き着するようになりました。彼氏がバイトに行っている間に寂しくなったのか? と、友人の性格から色々推測しながら彼女が落ち着くのを待って話を聞いてみると…。

 

『部屋にでっかいカナブンがいて眠れないっ!!!!』

 

……oh…。
地元に帰ったらいくらでも出てくるだろうに。
カナブンの一匹や二匹や三匹や四匹くらい…。
そう…彼女は極度の虫嫌い。
大学時代にはセミの抜け殻を両手いっぱいに集めて彼女に見せると絶叫されて、その日、半日は避けられてました。腹いせに彼女のスカートにいっぱいくっつけてやりましたがね!はっはっは!(かわいそう)

 

「いやぁ…でも、もう寝る準備してるしなぁ…」
『うぅうううぅ…ど、どうしたらいい? どうしたらいい?』
「どこにいるのよ」
『ベッドの上…あぁああああ! 今動いたっ!』
「んな焦らなくてもカナブンはそうそう飛ばないって…何かかぶせられるものとかないわけ?」
『……(どうやら辺りを物色しているよう)あ!かいわれの入れ物!』
「よし、それだ。それをかぶせて中に入れて外に出してやるんだ」
『むりむりむりむりむり近寄れないっ!』
「……(頭抱え)」

 

彼女は翌日も確か、仕事だったような。
保育士なので夜更かしは禁物。仕事に支障をきたします。
時計を見ると、22時を過ぎたところでした。
溜息をつきながら「今から行くから、30分耐えなさい」とだけ言い残して適当な服に着替えて、自転車をのんびり走らせました。

 

(まあ、夜の散歩だと思えば楽しめるだろう)

 

私自身、虫はそんなに得意な方ではありません。
ただ、カナブンは今までにも何度か見たことがありましたし、トカゲやカエルくらいなら数少ない田んぼのそばで捕まえていましたから。あと、子ども達と触れ合う機会も多かったので、だんご虫が手にのぼってきても我慢できる程度には大人になったというものです。

 

……しかしその考えは、甘すぎました。

 

彼女の家に到着すると、
カナブンがいるという部屋はガラス貼りのスライド扉で塞がれており…。
彼女はずっと台所にいたそうです。

 

「どこにいるのよ?」
「あ、あそこ…今は、ベッドの横のコンセントの辺り…」

 

震えながら指さす彼女を背にして、
かいわれのパックを片手にスライド扉を開けると、

 

 

 

飛びました。

 

しかも、結構デカい。
この辺じゃ珍しいくらいに、デカい。

 

さすがに飛ばれると狙いが定まらない。本か、何かで叩き落とすにしても、あわよくば潰しかねない。ということで一時撤退。(潰すとなんかよくわからない液体が出ますもんね…虫嫌いの人にあれを見せたら卒倒しかねませんゆえ…)

 

「さっきまで飛ばなかったんだよね?」
「……殺気か何か感じたのかな?」
「ダジャレ言ってる場合か」(理不尽)

 

もう、眠りを妨げられたので理不尽なことしか言ってないです。
さっきだけに、殺気!ってかぁ〜〜!???(無理がある)
しかし彼女が今いる部屋、とても、暑い。一方、カナブンがいる部屋はエアコンがあるのでとても涼しい。
明日のことを考えると、一刻も早く追い出してやらねば…。そしてここにいると熱中症にもなりかねないッ!

 

様子を見ていると、カナブンはどうやらこちらから死角になっている壁に腰を落ち着かせたっぽい。動かない今ならこれ幸いと、リベンジ。まずはカナブンの場所を確認し…(あり得ないことに天井近くの壁にぴったり)そのままスルーしてベランダの窓を全開。

 

ここからが勝負。布団叩きでカナブンをつっつき、上手く外へ誘導できれば勝利。運悪く潰したら…ごめん。
優しくつっついてやると、「また飛ばれる!」と覚悟していた私の意に反してあっけなくポロリと下に落ちてくれました。大チャンスです。しかも落ちた先は、お客様用布団という掬いやすい位置。固いフローリングの床にいられたら、掬うのに時間がかかり誤って潰しかねません。

 

「ふへへへへへ、よいではないか、よいではないかぁ〜」

 

もう自分でも意味がわかりません。
眠たさでハイになっていたのでしょうか。
カナブンはあっけなく私の手のかいわれパックの中に誘われ、もがくもがく。
その時でした。

 

 

きゅぅ〜〜〜〜……。

 

 

 

っという、喉の奥からワンちゃんが寂しいアピールをするようなか細い「音」が聞こえてきたのです。しかも、その音の出所はまさしく…………

 

「おい! カナブン鳴いたぞ!!!! カナブンって鳴くのな!!!(大爆笑しつつパックを彼女のいる部屋へ向ける)」
「いやあああああああああ!!!! こっち向けないでええええええええ!!!!!!」

 

カナブンが鳴くところ、初めて聞きました。鳴くんですねえ、虫って。そりゃ鳴くか。セミも鳴く季節が近づいてきてるくらいだもんな。
彼女の怯える姿に少しイタズラ心が出てきてよからぬことを考えもしましたが、まあとりあえずかわいそうだったのでカナブンを外に出してやりました。
その出し方もまあ、かわいそうだったのですが。

 

(今度こそ飛ぶだろう)

 

と思ってかいわれパックを逆さまにすると、抵抗する様子もなくそのまま……ひゅ〜……。

 

(…………さっき勢いよく飛んでたじゃないの!?)

 

ま、まあ。ミッションはクリアしたのでよしとします。
ベランダを閉じて他にも虫がいないか確認すると、放ブン中に一匹小さな羽虫が入ってきていた程度。

 

「これくらいなら大丈夫」

 

とのことなので、長居は無用と判断し颯爽と夜の散歩に戻ったわけです。
おかしいなぁ…彼女の地元は蛇も出てくるくらいの山奥なんだけどなぁ。地方出身だからといって誰しもが虫が平気、というわけではないんですね。
「○○だから××でしょ」という言葉はあまり好きではないですが、女の子だから虫嫌いっていうのも、憎めないところですね。

 

 

そんな感じで、1日は幕を降ろしました。
カナブン事件。
さあ…次はどんな虫事件がやってくるんでしょうね。
からかいがいがあります。(やめてあげなさい)

 

 

 

債務整理を理想にするのか?

 

 

私が今考えているのは人生はあくまでもリスクを取り過ぎないで、リターンを選んでいく先方だ。

 

 

 

これは借金や債務整理。または自己破産にもすごく似ているんだけど、最終的にはかなり制度的に助けてくれる制度をつけてくれているが、そこまでできる限りいかない方が良いのは間違いないだろう。

 

 

 

債務整理デメリット

 

 

 

 

これだけ浸透をしている債務整理だけれど、どこもかしも正解があるわけじゃなくて、失敗をするケースがあることもひていできないのが怖いところでもある。

 


ホーム RSS購読